資料請求フォーム
  • Home
  • トピックス
カテゴリ
お知らせ(540)
学校公開(0)
校長先生から(15)
フォトギャラリー(11)
>2020年09月<
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最近の記事
2020年09月15日体育祭を行いました
2020年09月03日中学校教員対象の入試説明会を行いました
2020年08月17日夏休み明け 校長先生のお話
2020年08月17日夏休みが終わりました
2020年08月05日夏休み前 校長先生のお話
2020年08月04日WEB進学ガイダンス開催 道内外から、国公立大学、私立大学、専門学校 計57校が参加
2020年07月10日Sクラス交流会を行いました
2020年07月10日進路説明会を行いました
2020年07月08日「第67回写真道展」で全道2位、計4名が入賞
2020年06月24日奨学のための給付金(非課税世帯・生活保護受給世帯・家計急変世帯向け)の申請について

新着情報

札幌市にある北海高等学校から
新着情報をお知らせしています。

新型コロナウィルス感染症拡大防止に関わる臨時休校のお知らせ

2020年02月28日お知らせ

 昨日の報道等でもありました通り、安倍首相から、新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止のため、3月2日から全国の小中高等学校に臨時休校とするようにと要請がありました。また、本日の夕刻、北海道知事から北海道全域に「緊急事態宣言」が発令され、道民に不要不急の外出は控えるようにと要請がありました。
 私立学校である本校においても、生徒諸君とご家族の健康面、安全面を最優先と考え、下記の対応をとることにしましたので、お知らせいたします。今後の状況によっては様々な可能性があり、時には臨機応変な対応を求められる場面もあるかもしれませんが、何卒、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願いいします。


⒈ 臨時休校 3月2日(月)〜3月20日(金)
・状況により期間延長となる場合もあります。
・この期間中は家庭学習期間とします。不要不急の外出を避け、自宅学習をしてください。部活動は禁止、学校への登校も禁止とします。また、万が一、新型コロナウィルス感染症に感染したことが判明した場合は速やかに必ず学校へ連絡してください。

⒉ 修了式・離任式  3月21日(土)
・この日は、登校日とします。修了式・離任式を行います。

⒊ その他
・春季休業期間中も臨時休校期間と同様に不要不急の外出を避けてください。

入学試験が終わりました

2020年02月21日お知らせ

本日、入学試験が無事に終わりました。
076ED01D-FC21-4EC7-8603-ADE098227404.jpg

校長講話

2020年01月17日校長先生から

皆さんおはようございます。冬休みが終わって今日から授業が再開されます。ただいま表彰がありましたが、これ以外にも冬休み中には全国大会をはじめ、団体でも個人でも北海生の活躍があったことを見聞きしています。また、休み中の学校内では、3年生のラストスパートで頑張る姿が多く見られました。そのひたむきに努力する姿を見て、やるときはやる北海生らしさを感じ、大変うれしく思っています。

今日からは、新年になったという節目と、いよいよ学年末に向かっていくという意味からも、ぜひ「勉強を大切にする」その姿勢づくりに更に努力する。そんな学校を皆で作っていって欲しいです。改めて、3年生は明日からのセンター試験をかわきりに、いよいよ入試本番となります。最後まで自己目標の実現・志望校合格に向けてベストを尽くし頑張ってください。良い結果となるよう心から祈っています。1・2年生諸君は、春休みを含むこれからの過ごし方が大変重要です。今までやってきたことを基礎に、徐々に実力養成の時期になります。それは将来の自分のあり方を決定づけるものになります。そのことをしっかり自覚した生活をして下さい。

さて、今日はいざとい時に発揮させたい力、「潜在能力」について少し話をします。私たちは「自分の持っている能力がどんなものか、実は解っているようで解っていない。それが現実のようです。このことは、脳科学者の茂木健一郎先生も話されていました。

ことわざで「火事場の馬鹿力」というのを聞いたことがあるんじゃないか思いますが、その由来は、「ひとたび火事などが起きて、気が動転すると、思いもよらない力で重たいものを外に運び出した」なんていうことがこの言葉の説明になっています。実はこういった事例は本当にあるらしく、普段から強い思いを持っている場合、いざという時に脳内にある制限(リミッター)が一時的に解除されて、似たような力を発揮することがあるといいます。

逆にいえば、普段から「出来ない」「無理だ」と決めつけてしまっていれば、もう無意識のうちにその行動にブレーキをかけ、力は出せないということになります。つまり、私たちの普段の生活では、本来持っている能力の限界よりも、ずっと低いレベルの力で生活していることになるのでしょう。まだまだ出せる力が残っているのに、脳が設定したレベル以上の力が出せないのは、私たちの「思い込み」に他ならないといってよいのかも知れません。

詩人で、画家としても有名な星野富弘さんという方がいます。星野さんは群馬県で中学校の体育教員でしたが、部活動の指導中に事故に遇い手足が不自由になってしまいました。事故直後は当然、「夢も希望もない」という状況です。せっかく体育教員となり、人に感動を与え、人を育てることを使命と考えていた訳ですから当然です。しかし、星野さんは気持ちを伝えようと、口に筆をくわえて字を書くようになります。はじめから上手なわけではありません。しかし、続けて絵も書き始めました。後に星野さんは、「自分にはもう自分を活かす将来の可能性はないと思うのは、思い込みでしかない。私はそのことに気づき、脱却できたからこそ自分の絵や詩の分野における潜在能力を開花させることができたのだ」といっています。

私たちにも自分でも気づいていない未知なる能力が数多く眠っていることは間違いありません。まして、皆さんのように勉強や進路、部活動などで目標をはっきりと持ち、努力しようとしている人たちは、更なる能力を開花させる可能性は十分にあると思います。すべての人に存在するこの貴重な力を、いざという時に発揮させるためには、私たちは普段から何をしておくべきでしょうか。多分、それはひたむきな努力を積んで、丁寧な生活を続けることではないかと思います。目標を持つだけではなく、強い信念も必要だと思います。ここぞという時に思い込みのブレーキを解除して、その力を得られるよう、これからも自分づくりに努力を惜しまないで頑張ってください。

冬休みが終わりました

2020年01月17日お知らせ

 冬休みを昨日で終え、令和2年の学校生活が全校集会から始まりました。冬休み中に活躍した部活動の表彰、校長先生のお話の後、全国大会に出場したサッカー部と弓道部から大会の報告がありました。3年生には明日から始まる大学入試センター試験に向けて学年集会で激励がありました。

校長講話

2019年12月24日校長先生から

みなさん、おはようございます。この時期、3年生の一部には、既に進路を確定した者もいると思いますが、受験の本番はこれからです。残された時間はそう多くはありませんが、勉強のやり方など工夫次第でまだ時間の確保も可能です。そして、ライバル・仲間の存在は、お互いを認め合い、励ましあい、称えあう姿勢を持つことで、自分のやっていること、取り組んでいることへの価値は一層高められます。ここまで受験や部活動で応援されてきて一区切りついた者は、ぜひ応援する側になってください。それは、毎日のようにメールで頑張れと送ることでは決してありません。大切なのは、一人ひとりがやらなければならないことに真摯に取り組み続けるということです。つまり受験生と一緒に目の前のことに努力することが重要です。受験は、学校を挙げて挑んでいくものであることを生徒全員が理解してください。そして、受験生諸君は、これからの生活で、できるだけ「できる」「なんとしてもやる」などの前向きな言葉を発するようにして、とにかく北海生らしく、ひたむきに前進してもらいたい。心から健闘を祈ります。

さて、私は先日、スノーボードパラレル大回転で5年前のソチオリンピックに出場し、銀メダリストになった竹内智香さんの講演を聞きました。その話の中に竹内さんが今の高校生に伝えたいといわれたことがあったので、それを交えて話をします。話題になっていたのは「今の日本のアスリートは、セカンドキャリアで苦しんでいる選手が沢山いる」ということでした。セカンドキャリアとは、ケガなどで若くして引退した後、途中もしくは定年後における第二の仕事ということですが、欧米と比べると日本のアスリートは圧倒的に競技者として専念する割合が高いとおっしゃっていました。例えば、竹内さんが1年ほど合宿をしたスイスでは、同じ競技者でありながら薬剤師であったり設計士であったり、とにかくもう一つ職業を兼ねている選手が普通だったそうです。彼ら、つまり欧米では、全員が全員スポーツで成功できるとは限らないことをよく理解していて、18歳まではスポーツだけではなく、とにかく学業を頑張ることが当たり前という事実を目の当たりしたそうです。もちろん、日本の高校生も部活動と勉強を両立する意識はあるけれど、将来の人生において起こりえる様々なケースを考えて学業に打ち込んでいるスイスの高校生とは、かなりの意識の違いがあることを私も知りました。

竹内さんは、18歳までに学業に打ち込むことが、将来の可能性を最大限に拡げてくれること、そして努力が実ってアスリートになった時には、その経験がむしろ強みになることを、熱く語っていました。高校生が部活動全般に取り組む意義には、競技力や技術の向上だけではなく、その活動を通じて学習意欲の向上につながるものでなければならないと私も改めてそれを考えさせられるものでした。

北海高校は部活動に頑張る生徒が多くいる学校ですが、部活動をする、しないは関係なく、もう少し学習に向かう姿勢を大切にして欲しいと思っています。既に十分に頑張っている人もいますが、それがベストであるとは言い難いです。まずは一歩前にでる努力が必要だと思います。例えば、授業を受けっぱなしにはせずに、普段から解るまで質問をするとか、知識の定着に向けた自分からの行動が必要だと感じます。そのようにして基礎力を養われたところに、部活動などもう一つの取り組みが加わることで、相乗的に自分を鍛えられることになるのだと思います。

明日から冬休みですが、皆さんには今年一年を自己点検し、来年の目標に「勉強を大切にする姿勢づくりに努力する」ことを掲げ、それが学校全体の雰囲気になるよう、みなさん自身の意識で高めていって欲しいと願います。体調を崩すことなく有意義な冬休みにしてください。

明日から冬休み 全校集会がありました

2019年12月24日お知らせ

明日から冬休みが始まります。冬休みを有意義に過ごしてもらうために全校集会が行われ、校長先生と生活指導部長の先生のお話がありました。1月にまた元気な姿で会いましょう。
IMG_4599.JPGIMG_4602.JPG

サッカー部、弓道部、フィギュア同好会 壮行会

2019年12月20日お知らせ

 冬休み期間に行われる全国大会に出場する、サッカー部、弓道部、フィギュア同好会の壮行会を行いました。校長先生、生徒会長からの激励の言葉のあとに、各部活のキャプテンから決意表明がありました。健闘を期待しています。
IMG_4564.JPGIMG_4566.JPGIMG_4570.JPGIMG_4576.JPG

北海道教育大学札幌校より本校の授業見学のため来校されました

2019年11月26日お知らせ

本日、北海道教育大学札幌校より本校の授業見学のため来校されました。見学したのは荒木先生による2年生古典の授業(図書館を活用した、討論をしながらの探究活動)でした。
20191126_100925.jpg20191126_102114.jpg

「いっしょに読もう!新聞コンクール」で入賞

2019年11月26日お知らせ

日本新聞協会が主催した「第10回いっしょに読もう! 新聞コンクール」に応募した生徒の中で、本校より2名の生徒が表彰されました。

高杉珠生さん(1年) 北海道NIE推進協議会 札幌市教育委員委員長賞
阿曽雷斗くん(1年) 北海道NIE推進協議会 北海道地区奨励賞

深P菜奈さん(1年) 「税に関する 高校生の作文」で表彰

2019年11月21日お知らせ

 国税局が主催する令和元年度「税に関する 高校生の作文」で「増税に対する期待と不安」と題した深P菜奈さん(1年)の作文が表彰されました。札幌南税務署の庄野聡子所長より直々に表彰状が渡されました。
税に関する高校生の作文最優秀賞(深瀬さん タイトル 増税に対する期待と不安).jpg20191122_142332.jpg